ピチっと美酒RUNスタイルでゆく!変態マラソン日記

家族を愛し、YUKIを崇拝し、走る事の素晴らしさを知った 男の生き様です

 
1
2
3
4
5
7
8
11
12
15
16
17
18
19
20
23
25
26
28
29
30
12


YUKI tour“MEGAPHONIC”2011              in神戸・ワールド記念ホール

『ぼかーねー最近 三ノ宮でスポーツ用品店探し求め2時間彷徨ったのに関わらず、ナイキマークの品
一品たりとも目にすることなく・・・肩を落としたままポートライナーに乗車したんすよー』




たっだいま帰りましたぁ----  いやいや・・・・ほんっっっっっっっっとに・・・・・





生きててよかったぁぁぁぁぁぁ (*´Д`*)

そう、それは「極寒の地で、あったか~~いココア飲んで つい出てしまう言葉」の如く(笑)



という訳で 前回の大阪城ホールレポに引き続き

111202_160015.jpg

神戸・ワールド記念ホール YUKIライブ(2DAYS)

報告させて頂きます

ビックリするほど長いから読むの頑張ってー!真の変態さん目差して~~♪






『生涯YUKI宣言』を声高々に掲げる私、ワキノシタスレオ♪ 

数ヶ月前から職場に「ライブがあるのでお昼で帰ります。」と真顔で申告していた経緯もあり・・・

2日間ともかなり余裕を持って現地入り出来てました。  初日は右も左もわからない三ノ宮で
人生において最も無駄な時間を過ごしてしまった教訓をいかし、 2日目は車で現地入り。  
会場真横の駐車場に拠点を置き、持参したトレーニングウェアに着替え、17:30分の開場時間まで1時間30分ほど
ジョギング してました(笑)  

なんかすご--く贅沢な時間過ごした気がして、とっても気持ちヨカッタです♪( *´艸`)クスッ♪


そしていざ会場入り。






初日はなんと奇跡のアリーナ7列目しかも、ドキドキワクワクの1人参戦!(●´艸`)フ゛ハッ


入場待ちで並んでる時、「恥ずかしいかなぁ~・・・周りカップルだったら嫌だなぁ~・・・」
とか思ってたんですが・・・いざアリーナに立ってみると・・・ 


キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン☆



そりゃそうだ。 思い出してみれば・・・それまでにコンサートというものに5回ほど行ってはいたのだが、
アリーナで体験するのは初めて。  しかもそれが『YUKI』ってんだからぁぁぁぁ...  

見事に言葉を失った




そして自分の席確認なんぞは後回し・・・・・。  数十分後にYUKIが登場するであろうセンターステージ、
正面の大型LED、演奏者の楽器、 アリーナど真ん中にある機材などなど・・・・・
まるで自分が総監督になったかの様な気持ちでチェックしてました(●´3`)~♪ 

そしてYUKIが気持ちよく歌えることをチェックし終え、ご満悦の中 探し当てたマイシートw

すげぇぜおい。あまりの近さにドン引きだ

ご先祖様・・・本当にありがとう

そして何より驚いたのは アリーナの女性率の高さ。
ライブ中、終始 メリット・ビダルサスーン・ラックススーパーリッチ・パンテーン・ピュアナチュラル・ツバキの香りに
包まれてました  まさに究極のアロマテラピーではないでしょうか?(´∀`*)ポッ


しかし、これは一般に「YUKIちゃんのファンは女の子が多いからねぇ」とかでは片付けてはならない異様さ
明らかにそこには意図的なものを感じさせられる。 ぜっっっっったいワザと振り分けてるぜこれ(笑) 
来年は一度FC脱会し、再び嫁の名前で入会し直そうとか真剣考えてる智将ワキノシタでした(爆)


そんな中、幸運にも1人ぽつんと7列の端っこにボクの席がっ!!ヽ(*´∀`)ノ
「ぃぃいやったァー!誰にも迷惑かけずにおもいっっきり踊れるー!(*゚∀゚)=3」嬉しすぎで心の中で叫びましたw




そして、様々なシャンプーの香り漂う桃源郷の中w・・・

o0239032011649757551.jpg

白目むいて悦に浸っていた18時49分 
ついにtour“MEGAPHONIC”が始まった


演出、セトリは大阪レポで記した通り


1.JOY
2.勇敢なヴァニラアイスクリーム (アルバム megaphonic)
3.ビスケット
4.キスをしようよ
5.Wild Ladies (アルバム megaphonic)
6.ひみつ (アルバム megaphonic) 
7.2人のストーリー (アルバム megaphonic)
8.笑いとばせ (アルバム megaphonic)
9.ハローグッバイ
10.Hello! (アルバム megaphonic)
11.ワンダーライン
12.クライマークライマー(アルバム megaphonic)
13.ランデヴー
14.揺れるスカート(アルバム megaphonic)
15.マイプライベートアイダホ (アルバム megaphonic)
16.ティンカーベル
17.WAGON
18.鳴いてる怪獣 (アルバム megaphonic)
19.相思相愛 (アルバム megaphonic)

アンコール
20.Dearママ
21.集まろう for tomorrow (アルバム megaphonic)





神戸で3回目、4回目の同ツアーにもかかわらず・・・・
相変わらずYUKIが登場するまでのスクリーン映像に鳥肌全開何度見ても本当にかっこいい  

YUKI LIVE “5-star”では メルヘン映像パワーでYUKI登場までにゾクゾクさせられたなぁ
5.jpg

YUKI concert tour 2010“うれしくって抱きあうよ”では 影絵の映像とYUKIの融合
ureda.jpg





そして今回のMEGAPHONICは

白く長いレースのスカート姿のYUKIが力強く地面を踏みつけながら踊っている姿を斜め下から見るような映像や 
megaphonic_17.jpg

花火の爆音の中優雅に踊ってるYUKIなど・・・音と映像の絶妙のバランスでゾクゾクさせられる



そしてついにセンターステージにYUKI登場
YU.jpg(写真はLIVE “5-star”)


にゃぁぁぁぁぁあああああYUKIぃぃぃいいいい

今回は 初アリーナ前列からの視点と言う事で♪
今までとはまったく逆のコンサート風景が楽しめた
以前のスタンド視点はYUKIが真っ暗闇の中にうっすら見える程度だったのが、

今回は背後から見れるというわけで・・・背中がライトではっきりと照らし出されて見えるじゃないっすかぁぁぁ
で、その先のホールの一面にお客さんを丸ごと飲み込んだYUKIの影絵が
まるで巨神兵YUKI 迫力すげぇ


そして、待ちに待った瞬間がっ
942e77ef-87d7-4385-b8a7-fd0fe39eb038_n.jpg

世界中をひとっとび ジャジャンッ(ギター効果音)・・・
君は誰にも似ていない ジャジャンッ(ギター効果音)・・
大きくみせなくてもいいんだ、ありのままでいいさ~
Oh! everyday & everywhere  Hello~~~~


ぶっひーーーーんゆ゛ーぎぃぃーーーー

溜まっていた色んな モヤモヤ が ぶっ飛んでいき・・・・いきなり号泣
そんなモヤモヤの話は後ほどさせていただくとして・・・・


まずは最強ソングJOY  やっぱYUKIの代名詞ともいえる
YUKI20JOY202.gif

アリーナで踊るJYOは別格 真の一体感はやっぱりアリーナじゃないとあじわえない

ぶっちゃげ、コンサート参加において、抽選云々の時代はもう古いと思いませんか!?
「ドンだけYUKIを愛してるか?」の演説60分と
「ドンだけJOYを笑顔で踊れるか?」
の審査を行い評価制度で良席を獲得していく方向に見直していくべきじゃなイカ?。 ・・・そう俺の為に
あぁ・・でも端っこの席ってめっちゃ良い 大阪の3倍は踊れたよ♪


そしてアリーナ7列目参戦において、ずっと掲げていた目標・・・・。YUKIの生汗の確認

5900.jpg
20120204_1073450.jpg
いきなり達成  むっちゃ綺麗
ほぼスッピンでのキラッキラした笑顔で歌うYUKI。 僕はその眩しさにただただ・・・・・・・・
口半開きで双眼鏡を両目にくい込ませる以外には何も出来なかったよ

そしてこの日はスタンドでは注目できなかったYUKIの踊りに注目して行こうと決めており、
指先の動きに至るまでYUKIダンスに酔いしれました

YUKIのダンスっていうか振り付けってのは本当に独特なんですよねぇ。
♪音の海を泳ぐ♪って感じですごく見てて癒されるんです 
そして時にはYUKI自身から音楽が流れ出てきてるようにも感じるほど
もうホント妖精ですね、ありゃこんな女性アーティスト他に居ないでしょ?ホント。
♪ビスケット、♪キスをしようよ で男女問わず7割は両鼻にティッシュ突っ込んでたんじゃないでしょうか?


 
ではでは、ここからは大阪レポと形をかえ、 YUKIMCレポいきまーす
(初日と2日目がごっちゃなのはご愛嬌っ)

おなじみ、♪Wild Ladies 前のMC
「元気なのか?神戸っ子ぉーー!!
Z322009576.jpg

「昨日から光の王国ルミナリエが始まりました。」
「ルミナリエくらい、私もここから希望の光を届けたい!」
あと、「元町じゃなく・・こっちを選んでくれて本当にありがとぉー」ってめっちゃ笑ってたな


そして、♪相思相愛 の前のMC

キラキラテープがみんなに届いたかを確認し・・・・・
3556c72a-617c-49df-becf-16f3f1e0bd07_n.jpg

「キラキラテープ観てくれましたか?
今日は最高の時間を、どうもありがとう。瞬間を食べて、生きていこう。 yuki 2011と書いてます!」
「いつだって、今が最高なんだぜっ!ベイビー
「いつだって、今が最高だ!って・・今の自分が1番好きだって!言いたいんだぜっ!ベイビー

「だからいつだって、自分自身を新しくしていくんだ!OK?」

「そんな想いを込めて、今回いっぱい曲を持ってきたんだけど・・次は最後の曲。
いろんな事が今年あって、色んな思いになったんだけど・・・結局いつも変わらない・・いつも自分が友達や家族に
言ってるような言葉が詩になっていって・・・結局昔から変わらない歌詞になりました。
・・・でも最終的には自分自身にいつも言ってるような気がする・・・。」

「昔から日本人の言霊はすごい強いから・・・・・こう・・・・そうね、悪い言葉を言ってゆくと
ドンドンそこにはまってくんだよね・・だからアタシは愛のある・・・愛のある言葉をたくさん使って歌っていこうと
思っています!!  それが今のYUKIです!どうぞヨロシクおねがいします!!!

「人は誰かに必要とされて強くなる。必要とされてない人間は居ないんだなって最近やっとわかった!
もっともっと若い頃は、必要とされたい!必要とされたい!そればっかりで・・
なんか人に愛を求めてばっかりだった・・
でも違うんだね、・・・なんか解ってきたんだ・・・。  
与えてゆくことなんだよね、分かち合うことなんだよね。そうすると余っていくんだよね・・・
そうしてその人達がまた返していく、愛を・・・・」
「それに気づいた!!そして今私はそれを歌でやっていこうと思ってる!!
そんな気持ちを・・そんな気持ちが日本中、世界中に・・・そんな両想いの気持ちがたくさん生まれたらいいな
と思って、この曲を最後に・・・相思相愛


YUKIちゃん、素敵すぎる。・・・てかもう、尊いよ





そして最後、アンコール前の柔らかMC
あまりの衣装の可愛さに悶え叫ぶゆきんこ達に・・

「えっ?YUKIカワイイ?・・・
可愛くってすいませーーーーーん

・・あ。ここ笑うところね! じゃなきゃ、YUKI頭おかしぃんじゃないの?ってなるからっ(笑)」


1195.jpg
「え~~・・最近観た映画がありまして、『モテキ』っていう映画なんですけど・・・
森山未來さんと麻生久美子さんが出てて、未來さんは神戸の灘区出身ですよねっ?」

「その映画のシーンで、カラオケボックスで麻生久美子さんが、 昔私がやっていたジュディアンドマリー
というバンドのラヴァーソウルという曲を歌ってて!!!」

「私ひとりで変な汗が出てきちゃって!!・・・監督聞いてませんよー!って感じで(笑)」

「その後に、森山くんが「JAM通ってこなかったから・・俺その歌、知らないんだよね~」って言ったら、
麻生さんが、「JAMいいよ!・・・・でも、最近のYUKIは知らない。」って言い出して!!

え~~~っ!!って・・・(頭抱えてうずくまるYUKIちゃん)

また変な汗かいちゃって。監督聞いてませんーーーーー!って(笑)」

「でも、その後に森山くんが麻生さんに、YUKIのCD全部持ってるから貸すよ。
って言って安心したんですけど、その後、2人はぶちゅう~~~~!!ですよ!?」
「ぶちゅう~~~~!ぶちゅう~~~~!!」
と、誰かを抱きしめるようにしてキスシーンを再現していました
「それで、そのぶちゅう~~~~!の後ろで、ラヴァーソウルが流れているわけですよ!!?」
「ねぇ・・・・・・今度観てみてください。」

会場、大爆笑wwwww

そしてここで『ゆきんこあるある』

YUKI本人の口から
「ジュディアンドマリー」という言葉を聴くと何故か幸せな気持ちになる






そして そして・・・・

もっとも心に響いたYUKIの言葉。

「・・・ホントねぇ・・・年と共にね、声とかも変わっていくんですけど・・。
あたしはね 10年前、20年前の自分も好きなんだけど、 
今のアタシが いっちばん好きなの--(笑)!!」


僕はファンになって、YUKI自らが「声」について語ったのを聞いたのは初めてだった。
ライブ開始直後にモヤモヤが吹き飛んで・・・そしてこの時が「もう、心配いらないんだ」
と心から安心した瞬間だった。
そしてここで・・・・・また号泣


 
以前から、ミクシィでYUKIツアーコミュを閲覧してた時、このツアーに参加しての感想に「YUKIの声がやばい」
「全然声がでてない」「声が気になってコンサートに集中出来ない」などの書き込みを多く目にしていた。
僕は大阪公演も参加してたのでみんなが言うところの事はなんとなくニュアンスとして伝わっていた。

事実、YUKIはもうJAMの頃の歌唱力は失ってしまっている。出産、加齢によるものが最大の原因であるのだが、
つい数年前の「うれしくって抱きあうよ」のツアー時と比べても、声が細くなってく速度が速く感じる。

CDのレコーディングならばなんとでも調整でき、ピークで歌えて 不安要素など微塵もないのだが、
二十数曲、しかも、あれほど動き回って歌い続けるってもんだから そりゃ、きついと思う 


ただでさえメディアの露出が少ない彼女。
その不変の存在感に にわかファン、またJAM時代からの熱狂的な信者には今のYUKIに対してその
「当たり前に訪れる人間の変化」を受け入れることが出来ないのは仕方が無い事だとは思う。

そりゃそうだ・・・。あれだけのハイトーンボイスで数々の伝説を残したJAMのボーカルYUKI。
おまけに容姿に関しては年を重ねるごとに素敵に、可愛くなっているというまさに『生ける伝説』

そしてソロになっても、人気面でも圧倒的な存在感で先細りしなかった彼女。
ステージ上で一人、思い通り描けていたエネルギッシュなライブ。そしてパフォーマンス。  
そしてそれを可能にしていたのが彼女のもつ 『圧倒的な歌唱力』
があってこそなせるワザだったと思う。

そして僕はファン達の書き込みを見た時からずっと考えてた。

それが「出来なくなってる」とYUKI自身が感じたその瞬間、
どんな気持ちになったんだろう? 
むちゃくちゃ落ちこんだんじゃないだろうか?
と。。。


YUKIにしてみれば「お節介な事この上ない」かも知れないでしょうが、
彼女の気持ちを考えると、本当に眠れない日があるほどに心配になった日もあった




でもYUKIちゃん、あんな素敵な笑顔でそうやって言ってくれたのだから・・・・・

泣いて当然でしょ? ゚.+(〃ノωノ)゚.+°


それにもう、言ってたんですよね
「大きくみせなくてもいいんだ、ありのままでいいさ」 って。


そうだよね。 何かを失った時って、同時にすごく大切なものが見えたりすることって本当にある。 
ピンチをチャンスに変える--そう究極の 『前向きスタンス』(人´∀`).☆.。.:*・°

僕が感じるに、YUKIにとっては、家族だったり、ツアーメンバーだったり・・・
そして最終的にはファンに対しての感謝の思いだったり。

だからライブ中何回も何回も「本当に来てくれてありがとう!」っていってたもんね  
そしてカーテンコールで マイク無しで喉が裂けるような声で挨拶しあと
両手で顔覆って泣いてたもんねYUKI。

素晴らしすぎるよ、YUKIちゃん。  今こうして書いてても涙でてきたよ。


ここで、改めて 生涯YUKI宣言 ずっと応援し続けるぞっ!!

そうそう!! ライブ最終らへんで、すっごいみんな感動して泣きそうな感じの中

60.jpg

「本当にありがとう!!神戸~~  最高っ!!最高~、こうべっ!!
オシャレな町、こうべ!! オシャレこうべ!
 略して、しゃれこうべぇぇぇーーー!!  しゃれこうべぇぇぇー!!」

しゃれこうべ 連発wwwwwww

まさかの 「言いたかったダケ」(笑) そんなYUKIちゃんが 大好きダッ




まぁね。でも・・・どんな意見があったっていいじゃない。 ・・・ファンだもの。

しかし・・・・僕は声高々にみんなに言いたい



今後、俺の前でYUKIの悪口言うんじゃぁねぇ って!!



ふぅ~~~~スッキリしたぁ。

皆様。ツアーレポとか言いながら・・・・後半ほぼYUKIラブレター
楽しんでいただけましたか
僕の事「とんだ変態だ」と思われたなら・・・・・・・本望

だって・・・・思いは伝わるんですもん。 ヽ(*´∀`)ノ ほらっ♪
111201_230437.jpg

YUKIちゃん。素敵なライブを・・・
素晴らしい瞬間を 本当に、本当に ありがとう



@YUKI tour ” MEGAPHONIC” 2011







YUKI 10th Anniversary  

『ぼかーねー最近 ヒートテックくつした にこってるんすよー』




っどーーーーーーーーーーん
周年10
(YUKIweb.netより)

そう。そのアナウンスは突然に





今現在・・・
YUKI tour“MEGAPHONIC”2011も大詰め。
今日の国立代々木競技場・第一体育館2日目と12月17・18日(土日)の日本ガイシホール(愛知)の3公演を残すのみ。


それでも小生、参戦した大阪・神戸のツアーの記憶など・・・
今目を閉じて思い浮かべても昨日のことのように思い出せます









で、このタイミングでの正式なアナウンス


YUKI 10周年記念東京ドーム公演
「YUKI LIVE “SOUNDS OF TEN”」開催決定!!

PC150292.jpg

来年、2012年GW最終日の5月6日(日)に
1日限りの超スーパープレミアムライブ


そして同時に

コンプリートシングルコレクション
「POWERS OF TEN」リリース決定!! 

ジャケ写

このCDがまたすごい

アルバム初収録となるシングル曲「ワンダーライン」を含む 発表された全てのシングルタイトル23曲のほか、
ソロとして初めて制作された未発表音源「MY HAND」 、
10周年を記念してYUKIが自身へのお祝いの意味を込めて制作した新曲 「世界はただ、輝いて」など
全27曲を収録。


で、これこれぇ!!
10周年記念Tシャツ  
10周年年表付きライナーノーツ
「Hello !」フリップブック付きミュージックビデオ
「ゆきんこ around the worldシーズン2」
を収録したDVD
などなど・・

これ以上ないほどの超豪華限定BOX仕様完全生産限定盤として販売されます!!!










もう、やっちゃいます。












ネタバレしてようがかまいませんやっちゃいます。















いやほんと、YUKIさん・・・・あなた・・・



















どんだけぇ無題





YUKIちゃーーーん ちょぉ、速すぎでしょ!?
もう、キロ3:00台、ゴール予想タイム2時間6分35秒いっちゃってるよ




やばいやばい・・・・。
にしても、本当にYUKI祭りすげぇ
油断してたらマジ置いてけぼりくらっちゃいそうだ


そんなワキノシタ

このBIGニュース見たのが
今朝9:00




AM11:00には FC先行抽選予約完了

PM13:00には Sony Music Shop で完全生産限定盤予約購入完了。


なーーーーーーっはっはっはっはっは


めた無題

みたか!この はぐれメタル 並みの 素早さ


よっしゃ、よっしゃーー準備は万端だっ 




あとは・・・・12/23(祝金)の発表を待つのみ。

『第21回福知山マラソン』 総括

本日走行距離5km  19分45秒(キロ3:57)

『ぼかーねー最近 同窓会にて久々に再会した友人に「ちょっと、ちょっと!・・・ワキノシタスレオ!!」って
言われて、ぬおお何で知ってんのォォォってな感じでセイテンノヘキレキったんすよー』


いやホント・・・ ネットってすごい  めっちゃ 感動 です........!
まさか中学校の同級生が僕のブログ見てくれてて、更に奥様もこのブログ読んで笑ってくれてたなんてぇぇ!! 

もう、 変態冥利に尽きる とは まさにこの事(笑)
今後も 私、脇下擦男!  皆様に少しでも 笑顔 を届けられるよう、精進してまいりまーーす♪o(≧▽≦)o

という訳で、本日は・・・・ぶっちゃげ、ここ最近YUKIフィスティバルでそれどころでなかった

福知山マラソンの総括  いっちゃいま~っす!Σd(゜∀゜d)ォゥィェ!!! 




え~~・・・小生・・・
2010年3月頃から本格的にマラソンに取り組みだし・・走暦も、はや 1年と9ヶ月。

中・長距離走なんぞ本当に苦手・嫌いだったにも関わらず、
『ジャコウ様』 『師匠アミノさん』 『素晴らしき変態RUN仲間』 とランニングバイブルに支えられ、
PA220079.jpg

ついに大台の 3時間30分切り を達成出来たわけであります。

レース運びの詳細は、レースレポート前半戦   レースレポート後半戦で書き記した通りなんですが、 
そこには書かなかった・・・


実はもっすご重要な『フルマラソン攻略の隠しネタ』がありますので今日、紹介させて頂きます!

・・まぁ 何故に こんなにもったいぶったかと言うと 

今まで一度も試したことがなかったからですwwww なんせ、一年に一回しか挑まないフルマラソン(笑)

考え付くが、実証できないのは当然(爆) (*/∇\*)キャ~~~♪

で、満を持して今回実証し・・・見事にその効果の程を体験し、しかも結果を出した事もあって
今回 どか--------------ん と発表させて頂く事となりましたっ! ( ´皿`)ァハハハ歯ノヽノヽノヽ / \


ズバリ 『レース中の補給について』 です!
-------しかしながら、今から書き連ねる事は小生が 様々な情報 から選りすぐり完成させた持論であって、
万人に対し効果があるかといえば・・?ですw 
でも・・・・信じるものは救われるって言うじゃない・・・それなら

               ワキノシタも 信じたってイイじゃない nobui無題 wwwww

で、本題(笑)

少しはマラソンかじった人なら きっと聞いたことがあるはずです・・
「30km(もしくは35km)の壁」 って言葉を!

そう それはランナー用語で・・・・ 今の今まで目を輝かせ、足取りも軽かったランナー達が
『いきなりゾンビ化しかねない距離、現象』を そう言い表しますwwww

その原因として、応援者やランナーのほとんどは『筋力に限界がきて足が痛くなり走れない』と認識しがちですが、
小生は 違います・・・。

人生の記念に一回だけフルマラソンランナーさんや トップランナーさん達は蚊帳の外として(笑)
大半の一般ランナーさん達の後半の失速は『エネルギー切れ』もしくは『エネルギーの不完全燃焼』が原因と考えてます。

じゃ、足痛くなるのはどう説明すんだ!?って思われるでしょう? 

それは ガス欠→フォーム崩れに気づかない→不安定になり足が痛み出す→気持ち折れていく→ゾンビ完成

この過程にあると結論付けてます。





ではでは、さらに詳しく・・・

まず、大前提として
人間は補給無しに42,195kmを走り続ける事はできません。


一般にフルマラソンに要するエネルギーは、42.195km×自分の体重とほぼ同じくらいと言われてます。
例えば、体重60kgの人は42.195km×60kg=2531.7kcalが必要ということになります。

そしてこのエネルギー量を充当するのには、エネルギー変換効率のよいグリコーゲンがよいのですが、
体内に蓄積できる量には限界があるので、グリコーゲンを使い果たした後には、第二弾エネルギーとして
体の脂肪をそれに変換させて走り切らねばなりません。

体に蓄積できるグリコーゲンの量は、一般市民ランナーではせいぜい500~600kcalほどらしい。
つまり残りの2000kcal程度を脂肪を変換して充当しなければなりません。
(トップクラスのランナーになると,グリコーゲンの貯蔵量が多くなる上に,脂肪の変換能力もよくなっています)

ところが脂肪がグリコーゲンに変換されるには時間がかかります。食事抜きで走ると力が入らないのは、
グリコーゲンが少ない状態で、といって脂肪はなかなか燃えてくれず・・・・・
いわば燃料なしで無理やり体を動かそうとするからです。これはマラソンでエネルギー枯渇状態になったときと同じ
低血糖状態です。ランナー用語 「ガス欠」 です。  

ワザとそうして「脂肪のエネルギー変換効率を高める」というトレーニングもあるのですが、これは本当に上級者向け。
下手な初心者がいきなり真似しようものなら・・・ 銀閣寺のワキノシタ状態


では、一般ランナーとしてはどうすれば効率良くエネルギー補給して走りきるか?

ズバリ
脂肪の変換には頼らず、変換効率のよい糖分を切らさず摂り続けるという作戦

-----とは言っても、脂肪をエネルギー源として使用することを無視するわけではなく、

「時間のかかる脂肪のエネルギー変換を少しずつ燃焼効率のよい糖分を補給しながら補助し、無駄なく
体内のエネルギーを完全燃焼させ、元気に完走する」という考えです。(あくまで持論ですのであしからず)

しかし、ここで重要なのは・・・
脂肪の変換が始まるのは、有酸素運動のペースで走り始めて40分ほど経ってからとも5km程度走ってからとも
言われてます。そこまでに糖分を補給してしまうと、先にその燃焼が始まり、脂肪を変換する働きがストップしてしまう
ので レーススタート1時間前からは糖分は摂取不可です。




色々書き連ねましたので、少々ややこしくなってきましたので、当日の小生の補給スケージュールに沿って
具体的に解りやすくいきましょう♪


●レーススタート1時間前から糖分摂らず(水分補給は水)。

●レーススタート 

●10km地点(スタートからおよそ50分)ここまで給水は水のみ!!
そしてついに糖分解禁。アメ2個摂取(2個で38kcal)
ame.jpg
なぜコレかというと・・紅茶味で飽きないし、給水所前ですぐ噛み砕いて水と一緒に飲み込みやすいから。

●15km地点(スタートからおよそ1時間15分)アメ2個摂取

●21km地点(スタートからおよそ1時間45分)ザバスゼリーバー1個摂取
zabasu.jpg
中間地点で一気にエネルギー補給!!一個100kcalもあっておいしく食べやすい。

●25km地点(スタートからおよそ2時間5分)アメ2個摂取

●30km地点(スタートからおよそ2時間30分)ザバスゼリーバー1個摂取
ここからがマラソン!!もう一発、大型補給

●35km地点(スタートからおよそ2時間55分)アメ2個摂取

こっからゴールまではエイドのスポーツドリンクのみ!!


数日前から考えていたこの補給スケジュールを完璧に実行し 見事に元気一杯でゴール......v(o´∀`o)v
(ふくらはぎの痙攣に関しては、膝間接痛や、足の裏の肉刺等と違ってフォーム崩れから起因したものではない
と考えているので・・・補給的見地からの反省材料ではなく、「トレーニング不足」と捉えております。)

今後フルマラソンに挑もうとしておられる皆様---!!

この補給方法は 本当にお勧めします!(。+・`ω・´)シャキーン☆
                                  ぜひぜひ!!お試しくださーーーーい♪



どうでしたか? ちょっとマニアック過ぎましたぁ?
しかし!!フルマラソン攻略は本当に深いのです!!

「フォーム」 「ベストペース」 「補給」 これらを絶妙なバランスでコントロール出来た時!!

42.195kmが短く感じます ほんとに。

(去年は「これ、いつ終わるねん」と半ベソかきながら走ったのにねww)

                           では次回!!「今後の取り組み」でお会いしましょう♪





ようこその御運び、厚く御礼申し上げます
プロフィール  キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン☆

脇下 擦男(ワキノシタ スレオ)

Author:脇下 擦男(ワキノシタ スレオ)
年齢:39歳
性別:男
血液型:A型
身長:169cm
体重:61Kg
尊敬するランナー:マスターアミノ
所属チーム:美酒ラン倶楽部
 

みなさーーーーん、お元気ですかァ!?
5本指靴下履いてますか? 
ザバス・プロテイン飲んでますか?
娘に執拗に「ピアノの練習した?」ばっかり言って、
「もぉ、お父さん、死んで!」とか
言い返されてませんか???そして・・
笑顔は輝いてますか~!!
♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o
(o≧▽≦)o キャハハ☆♪

現在,
「YUKI」「Superfly」「永作博美」
「マラソン&トレイルラン」  
「NIKE」「ONE PIECE」 「SONY」  
にすごく人生を
充実させてもらってまーーーーっす♪ 
皆さんも 是非!!乗っかっちゃってくださ~い!!

【自己ベスト】
100m   13秒42 
1000m 2分59秒12
5000m 19分32秒(キロ3分54秒)
<12年茨木・安威川(非公認)>

10000m 40分29秒(キロ4分2秒)
<13年宝塚ハーフマラソン(非公認)>

ハーフ 1時間26分51秒(キロ4分7秒) 
<14年高槻シティハーフマラソン>

フル 3時間19分40秒(キロ4分43秒)
<12年11/23 福知山マラソン>

天気予報

-天気予報コム- -FC2-