ピチっと美酒RUNスタイルでゆく!変態マラソン日記

家族を愛し、YUKIを崇拝し、走る事の素晴らしさを知った 男の生き様です

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月突入!♪YUKI祭り♪もようやく折り返し地点だ!

本日走行距離5km 25分(キロ5:00)

『ぼかーねー最近、白木屋で酒飲みながら備え付けのカラオケでYUKI歌って・・子供4人の前で涙したんすよー』



みなさーーん、こんにちわーー!!
 爽やかに、良い汗かいてますかァ!?


人間、運動して汗かくって 本当大事な事ですからね
 そりゃもうどんどん汗、かきましょう
そして細胞をどんどん活性化させましょう!!

脇下は、日中のジョギング・夜のお風呂の半身浴で日々汗だくですよっ






昨日だってね、 娘が「アニメのDVD見たい!」つったんで・・・

「よしよし♪ とーちゃんが準備したろ♪」ってブルーレイの取り出しボタン押して・・・

ンガーって開いたトレイに 前日鑑賞し、しまい忘れてた「エロDVD」
が入ってるのを目の当たりにし・・・












死ぬほど汗が噴出した
44005.png







まぁ、しかし・・・

マジシャン級の華麗なる美技をもってして事なきを得ましたがww










そんな青春真っ只中のワキノシタ!

YUKI10周年祭りもお楽しみ真っ最中です♪
0kPAONIpQYlzCEZ.jpg




で、今日は・・・
YUKI LIVE“SOUNDS OF TEN”から早、一ヶ月

ライブレポでは書いてなかった グッズについてちょっとばかし書いておこうと思いました!
P6040749.jpg



まず、ライブで幸運にゲットできたのはレポートで書いた
「葉っぱ」「キラキラ銀テープ」「ゆきんこ風船」のミラクル3点セット
3tennseto.jpg
(画像のビオレパウダーシートはライブの参加プレゼント品です♪ YUKIライブの心遣いに感動です




続いて、ライブ公式グッズについてですが・・・・

まず、今回非常に有り難かったのは
『commune』が“SOUNDS OF TEN”グッズの事前販売なるものをしていてくれた事

このおかげで 荷物は減るわ、当日並んで買う時間も削減できるわで、すごく楽でした
これからもずっとこの方式してくれないかな?とホント切望します


で、ライブ数日前に届いたTシャツとタオルをもってライブを楽しんだワケですが、
P5020635.jpg



ライブ数日後に届いた、今回のツアーパンフが、すっごいよかった
P6040751.jpg

恥ずかしながらこんなご時世、「いったいどんな技術を持ってすればこんなものつくれるのか?」と驚く表紙

画像じゃ伝え様もないが、角度を変えると何パターンもの見え方をするんです!!
3.4種類ならなんとか、その手法もイメージ出来るんですが、もうほんと10種類くらいのパターンがあるんで・・
ぜんっぜん手法が分かりません
まぁ、なんせ、こんな感動したパンフはありませんね 本当に完成度は200%

もちろん内容も、10周年には相応しいものになっており・・・

P6040752.jpg

絶対に買いの一品だった ぬふふふふ




そしてさらに続いて・・・





僕の購入した「グッズ付きチケット」のグッズについていってみましょう

はいっ!どーーーん♪
P5070660.jpg

え~~・・ステッカーにタオル、チケットホルダーに缶バッチ・・でTシャツにバック・・・
「マジか!?commune!!」6点セットですw
読んで字の如く、プレミア感が薄い テンションあがったのはチケットホルダーくらいかな

これすっごくよく出来てて♪

事前に来てたFCチケットのゆきんこが・・
P5070665.jpg

ドーム入りを果たし・・
P5070664.jpg

ついにそのピッチャーマウンドに立つという・・・
P5070666.jpg
とっても素敵なひとつの物語を形作ってくれるんです



しかしまぁ、痛恨だったのが・・・座席着いてから開封したこのグッズセット。

席に着くまで何度も、
「あわわっ!またか」つってカバンまさぐって係員にチケット見せてた後、これ発見したもんだから・・・
「くっそぉ!まさに さっきまでが使い所だったのにぃ」と悔しさのあまり、
「よし!こうなったらライブ中、首にかけて踊りまくるぞ!♪」と無理やりその使用方法を確立させたものの・・・
ライブ開始最初のジャンプでバッシバシ顔面に当たるもんだから、イラッとして、すぐさま外してカバンにほり込んだ為
わずか数分の輝きでその役目を終えたという、悲しきチケットホルダーなのです


でもまぁ、限定生産グッズというわけで、ちょっとは希少価値感があり・・納得は納得ですがw







というわけで、ワキノシタ・・


今後は参戦するYUKIライブ すべてに!
このチケットホルダーを装着してYUKIに会いに行くぞ
と声高々に宣言し

折り返し、6月からの更なるYUKIお祭りロード!! 

めいっぱい楽しむ所存でござりまする♪

スポンサーサイト

YUKI LIVE "SOUNDS OF TEN"  ライブレポート FINAL

全ての演奏が終わり・・バンドメンバー達がYUKIのもとへ歩み寄る。
みんな、本当に綺麗な笑顔だ 
YUKIのソロ10年を共に歩んだバンド、アストロ。 そりゃ、各々にも相応の感慨深さがあっただろう


一方、名残惜しさと、すぐそこにあるこのライブの終演を受け入れたくない気持ちで ざわついていた会場も
『YUKIのその仕草』に一斉に静まり、息を飲む・・・


みんなのその覚悟をしっかり確認したYUKIは マイクを介さず、
ありったけの大声で5万人のお客さん達に叫んだ!!

YUKI LIVE "SOUNDS OF TEN"in東京ドーム!!
集まってきてくれたみなさん!!そして!これまで、
応援してくださったみなさん!!
どうも、ありがとうございましたァァア!!



そして泣きじゃくるYUKIに・・・


僕ら5万人の覚悟は一瞬にして彼女への感謝の気持ちへと移り変わった
大声で名前を叫ぶファン、泣き崩れるファン、笑顔で手を振るファン・・・
みんなそれぞれの想いでYUKIを見とどけた。
因みに、僕はヤバいくらいの笑顔で見送った派でしたww

「YUKI隊長!!今日はこんなに楽しませてもらって、
本当にありがとう!」



なんか良くないですかぁ♪ このありがとうの応酬 むふふふ




でも、みーーんな 最後に思う気持ちは間違いなく ただひとつ だったと思う
「YUKIが歌い続ける限り、必ずまた会いに行く!その歌を聴きに行く!!
だから・・・サヨナラなんて言わないぜww」という・・

lp_7_YMTS3_MG_8596_590.jpg

そして・・ステージ大型スクリーンがYUKI・ファン5万人の想いを刻み・・・

5.6YUKIの
史上初・10周年記念ライブは 終幕を迎えた






■セットリスト
YUKI LIVE " SOUNDS OF TEN " 
2012.5.6 (Sun) @東京ドーム


M-01:the end of shite・・・2002. 2.6 1st Single
M-02 :惑星に乗れ・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録 
M-03 :泣きそうだ・・・2003. 3.26 2nd Album「commune」収録
M-04 :ふがいないや・・・2006.8.9 14th Single
M-05 :ハミングバード・・・2003. 3.19 6th Single
M-06 :愛に生きて・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録
M-07 :ファンキーフルーツ・・・2003. 3.26 2nd Album「commune」収録
M-08 :WAGON・・・2005.2.23 3rd Album「joy」収録
M-09:Rainbow st. ・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録

M-10 :舞い上がれ・・・2005.2.23 3rd Album「joy」収録
M-11 :ヘイ!ユー!・・・2006.9.6 4th Album「Wave」収録
M-12 :ビスケット・・・2007.10.3 Single Collection「five-star」収録
M-13:66db・・・2002. 3.27 1st Album「PRISMIC」収録
M-14 :うれしくって抱きあうよ・・・2010. 2.17 20th Single
M-15 :Home Sweet Home・・・2004. 8.18 7th Single
M-16 :COSMIC BOX・・・2009.11.18 19th Single
M-17 :恋愛模様・・・2010.3.10 5th Album「うれしくって抱きあうよ」収録

M-18 :ティンカーベル・・・2005.2.23 3rd Album「joy」収録
M-19 :歓びの種・・・2005. 9. 7 12th Single
M-20 :長い夢・・・2005.4.27 10th Single
M-21 :鳴いてる怪獣・・・2011.8.24 6th Album「megaphonic」収録
M-22 :ランデヴー・・・2009.3. 4 18th Single
M-23 :揺れるスカート・・・2011.8.24 6th Album「megaphonic」収録
M-24 :ワンダーライン・・・2007.12.12 16th Single
M-25 :JOY・・・2005.1.19 9th Single

E.C-1:プレイボール・・・(新曲)2012. 5. 2 24th Single
E.C-2:世界はただ、輝いて・・・2012.2.1 コンプリート・シングルコレクション「POWERS OF TEN」収録
E.C-3:大人になって・・・2012.2.1 コンプリート・シングルコレクション「POWERS OF TEN」収録
E.C-4:プリズム・・・2002.3.6 2nd Single






さてさて、皆様ァ~♪ いかがでしたでしょうかァ
ワキノシタライブレポ ほんとお疲れ様ですぅ♪


んーーー・・・ほんと・・・・






全て書き上げるのに何時間かかったんだかww


でも、まぁ・・・








「こいつ・・・ホントしまいにゃ、
YUKIのストーカーしだすんじゃねぇのか?・・・」


と思ってもらえたのなら・・・  














本望










にしても・・・良いライブだったなぁ


ほんとに・・・




ほんとに良いライブだったよ、YUKI。   







もう、ひとり言含め、友人になんど言ったか?    

でも言っても言っても 言い足りないww




メガホツアーん時もそうだったけど・・・

YUKIライブで満たされた数日、本当に食欲がなくなるんです。


思い出すと、満たされ感がぶわーっってきて、胸いっぱい→→腹いっぱいになる


だから現在、体重-2kg減




最近、僕はこれをYUKI幸せご飯と命名

しかもこれは、大盛り、メガ盛りとかのレベルではなく・・・













テラ盛りw

11826274.jpg






で、その素材はといえば・・



お米にあたるところの、YUKIが以前、語った「歌」についての想いであり、
私がそのまま自分に向き合って正直に歌っていくことが、
その歌を輝かせることになって・・その歌が自分自身になる。



次いで水にあたる、「ライブ」についての想いであり、
私はデビューした頃、初代マネージャーさんに言われた「歌手はコンサートで人に伝えてなんぼなんだぞ!
だからコンサートを必ずたくさんやっていくんだ!そして、ずっとやれるような歌手でいないといけないんだ!」
という言葉がいつまでも大切に胸に響いてます。 
だからコンサートはずっと私のやり続けていく・・ライフワークでしょうね。
私にとってコンサートはそのぐらいね・・歌手生命なんです(笑)だからずっと続けて行くと思ってます。



何よりの火加減が彼女のファンを大切に想う気持ちであり・・
「あなたたちが居るから、アタシが居るんだよ・・・・・ 
あなたたちが居なかったら、アタシは別に・・歌なんか歌わないからさ・・」







そりゃ、極上のご飯が炊き上がるわけだ












で、最後にライブレポートPart 1で 最初に書いた、
『YUKIの10周年を祝うのに、相応しいステージとは?』

自分なりにも考えてみた。 そして出た答えは・・




















東京ドームで5万人は、狭いうえに少ないという結論に至り・・・









もはや、生ぬるい事言ってる場合じゃねぇと・・・


大阪ユキランド® 英称:Osaka☆YUKI☆Land (略称:OYL
敷地総面積51.0 ha  年間来客数見込み2500万人  総事業費1580億円 
110115asamadaki.jpg
(イメージ図)
bc86e2542e5d4d116d8b38aff8a8cada_l.jpg

その建設を強く決意したのであった

YUKI LIVE "SOUNDS OF TEN"  ライブレポートPart 6

日曜YUKI世界名作劇場がおわり・・・・・

これまた、聴いた瞬間にジタバタせずには居られない あのギターの音と、

YUKI1・・・2・・   ・1・2・3、oh、Yea!のカウントと共に・・・





新番組 YUKI・トランスミュージックフェア が始まった

みんな、それぞれが・・・YUKIの音楽に感じたままに♪歌い、踊る♪

ここからは怒涛のYUKIテッパンソングVS5万人のユキンコダンスの応酬だ!!




----☆「鳴いてる怪獣」☆----


♪君は素晴らしい  どんなにブルーでも波に乗って 
風も光も味方にして  永遠みたいな朝に歌いたいだけ

今日も新しい  七転八倒も承知の上 あの娘は今も夜空の上
一番星も捕まえるくらい 飛んでる最中♪



YUKIがとても綺麗な笑顔でみんなに呼びかける!

一緒に飛ぶよ!東京ドーーーム!!

naite.jpg
(@YUKI tour "MEGAPHONIC" 2011)

YUKI「♪いつだって惹かれあうんだ 孤独な僕ら カモンっ♪」
会場「ヒントをもらわなくちゃ!!」
YUKI「♪HEY!ウェイヴしてよベイビィ! 4カウント か ぞ え て!」

YUKI&会場 「ワン! ツー!! 
ワン!ツー!! スリー!!!フォォォオオ!!」

WE are Already One!!(*゚∀゚*)キタ━━!!!


♪どんなにブルーでも波に乗って 風も光も味方にして  
見知らぬ街で迷子になりたいだけ

おびただしい 千辛万苦も承知の上 憧れのあの娘は雲の上
愛されたいよと大きな声で 泣いてる怪獣♪

kaijyuu.png
(@YUKI tour "MEGAPHONIC" 2011)

5万人のが怪獣が、見事に鳴きました

てか・・・こんなに盛り上がる歌に成長したのか「鳴いてる怪獣」!? 

YUKIの真骨頂はこういうところなんですよねぇ
自分の歌一曲一曲に・・その時その時、おもいっきり正面から向き合うから
どんどん歌が深みを増してゆくんです!!
だから例えCDで同じ歌 何度聴いても、色んなYUKIが歌ってるんで 同じ歌に聞こえない




そして
YUKI怪獣「ギャオッ」で音は完全に鳴り止み、



----暗転----





暗闇の中、あのイントロと共に ステージがストロボが照射される!!

そしてYUKIが叫ぶ! 
----☆「ランデヴー!」☆----


そのカウントと同時に 
あの軽快なメロディが一気に鳴り響きステージからは無数のレーザーがドーム全体を駆け巡る!!

この時 既に 会場のボルテージはレッドゾーン突入


そりゃそうだ・・ 実はこの「ランデヴー」
全国のユキンコリニスタが選出した・・
好きなシングル曲第2位の楽曲なのだからっ!


rannkinngu.jpg

無論、僕も既にトランス状態ww YUKIにシンクロするかの如く・・・
koremonn.jpg
(@ROCK in japan 2010)
これモンの コレで踊り倒した


するとそれを見たタケノリ・・・










「パペットマンみたいになってるぞ」と一言。
middle_1249627868.jpg


マジで!?


自分では相当にイカしてると思っていたダンスがまさかの「ふしぎなおどり」だった事を知り・・・
チョイ凹みをしてるワキノシタを救い上げる様にYUKIは歌い続ける!!


♪歓びも哀しみも 人の行く道  寄り添っているから

笑わせたいな  特別な・・愛の!! 魔法で 君を守ろう♪



あぁ・・YUKI。 ほんと素晴らしい歌詞だよこれ

「楽観的? お気楽?? 適当!?? いいやん♪ 生きてる限り一人でも多くの人と一緒に笑いあえたら!
そして俺は人生、誰よりも笑ってやるんだ!!」と、
YUKI・ランデヴーに対し、中々のズレた自分なりの解釈に大満足のワキノシタ、

曲終了時のYUKIのハケ方を冷静にチェックでき・・・・視線は花道センターステージへとロックオン!!




そして---暗転---からの・・・・








♪Disco music♪ 
YUKI「・・DJ      やっぱ(o*゚Д゚)o キタァァァ━━♪
----☆「揺れるスカート」☆----

lp_3__51C3845tr_590.jpg

♪MUSIC・・  ah、MUSIC♪・・  ♪MUSIC・・  ah、MUSIC♪・・
このイントロと共に再びせり上がる中央お立ち台! そしてその上で会場中を指差しして煽るYUKI!!
会場大歓声・大興奮!!!

この日の「揺れるスカート」、少しアレンジされていてCD以上にカッコイイDANCE・MUSIC!!



サビ前には必ずYUKIが煽る!
♪Come on! 

5万人大合唱
♪吹きさらしのミュージック かきわりワンダーランド  
手を合わせて踊れるんでしょ? Don't be shy
身体で伝えなきゃ「誰か」じゃなくて
「君」が消えてしまう前に 今すぐ!!♪


この「いますぅーーぐぅ」ってのが大好きっ なんかこう、頭 鷲づかみされて上に引っ張り上げられる感覚w? 
みんなもきっとそのハズ! 絶対、白目ひん剥いて歌ってるハズだw



でまぁ、叫び倒し・踊り倒したワキノシタ
この曲の終わりがけ「もぉアカン・・YUKI!もぉアカン!むりぃ~~・・
ってなってると・・・お立ち台降下後もメインステージには戻ろうとしないYUKIの姿を発見!



マジで「あっ!くる!!」って思った瞬間









♪ティティテーーーン ズッダンッ ダッダンッ♪

♪キックスネア♪にあわせYUKIの体が波打つ!!
会場大歓声と共に、5万人の手拍子が始まる!


そう!!THE・ライヴYUKIこと・・・
----☆「ワンダーライン」☆----

♪ばらまいて 空色の天井に トュナイト・・・
瞬いて 雨つぶの ビート ゴーズ オン・・オン・・オン・・オン・・♪

wannda.jpg

みんなYUKIのコールに対するレスポンスは完璧だ
ドーム入場してから今までの時間を『今!この瞬間の為』にじっくり気持ちを合わせてたかの様に・・・


YUKIとみんなを繋ぐ 見えないが決して切れることのない、そして離れててもお互いが確認できる
そんな力をもった歌だ。 素晴らしいぜっワンダーライン

♪ワンダーライン 渡しあって ただ走る 空
ワンダーガール 私達は わずかなコインならして シャイニング
wannda7.jpg
オーライ! 船長さんへ ワンス モア キス  夢の彼方まで ワープしてんだ
ワンダーライン アンド ワンダーガール  星の明かり 頼りに 浮かんだ船♪

wannda3.jpg
YUKIがみんなを誘って楽しそうに飛び跳ねる!!
「ジャンッ♪ ジャンッ♪ ジャンッ♪ ジャンプ!♪
みんなもYUKIの笑顔に負けない笑顔で飛び跳ねる♪


YUKI♪ワーンダ、ワーンダ、 ワァー♪
最近のワンダーラインの間奏中のYUKIのこれが大好物


そしてまだまだ歌はつづく!


♪階段 ひとつ 下りて 点と 線を 結んだなら ひといき ついてもいいよ~ Come on!

会場大合唱 のらり くらり のらーり♪

生きている意味なんて 考えてる暇 ないのさ! Take me to the H・O・L・I・D・A・Yie-.jpg
(@ROCK in japan 2011)
遊ぶ Today Today Today いえーーーーーーーい♪




もう、こっからは バンプ エンド グラインドの応酬  気持ち良かったぁ


そして・・・・

この曲が終わると同時に押し寄せるあぁ。。 もうすぐこのライブが終わっちゃうのね
という切ない想い

だが、単純に『寂しい』だけじゃなく・・・・始まってから今まで味わえた感動が じわじわ押し寄せて、
何かに後押しされて、「もっともっと楽しまなくちゃ!!とまた燃える感覚も


歌が終わり、YUKIが叫ぶ!!
「サンキューー!! サンキューーー!!!!


ここで暫しの暗転だったんですが・・

きっとみんな同じ気持ちだったんだろうなぁ   みんな、この日のYUKIへの感謝の気持ちとか、
10年分の想いとか・・・それぞれの想いを込めて YUKI の名前叫んでた
今日のライブで1番 YUKI という言葉を聴いた時間だった。 ・・なんか幸せだった





そして、
シンセサイザー・ドラム音 があの曲の始まりを告げ・・ YUKIが切り出す!

「今日はみんな一緒に踊りましょーーー!!♪
最後の曲です・・  カモーーン!  JO---Y!!!♪」
jyo.jpg

僕「ジョォォーーィビィィーーー○×*△!!!」号泣w

の瞬間!!
スッパァァァーーン!!
lp_6_YMTS3_MG_7229_590.jpg
東京ドームに 銀テープが舞った!    涙にうるんだその光景は・・・

8cc14ada22666b738f84fbdacb020813.jpg

まさに、日本3大絶景を脅かすほどに!!・・ 眩し過ぎた

そして、握り締めた銀テープを頭の上でスイングしながら みんなはYUKIと♪しゃくしゃく♪しまくるっ

♪いつも口からでまかせばっかり喋ってる
イエス、ノー どちらでもないこともあるでしょう
いつだって世界はわたしを楽しくさせて
いつか動かなくなる時まで遊んでね

しゃくしゃく余裕で暮らしたい 約束だって守りたい
誰かを愛すことなんて 本当はとても簡単だ カモンっ♪

ワ~イ♪♪(「^O^)「 ♪♪(「^O^)「 ♪♪♪(「^O^)「 ♪♪♪

♪ずいぶん遠くまで流れ流れてせつないんです
大切な思い出さえ忘れていきそうです

確かな君に会いたい 百年先も傍にいたい
jyou.jpg
どんなに離れ離れでも ふたりをつなぐ呪文は J・O・Y

樫の木が揺れる日は、すぐに思い出してね 私をーー!!
toiu.jpg

♪いつも口からでまかせばっかり喋ってる
運命は必然という偶然で出来てる

♪いつまでたってもわかんない 約束だって破りたい
誰かを愛すことなんて 時々とても困難だ
確かな君に会いたい 百年先も傍にいたい
どんなに離れ離れでも 
jyo3.jpg

ふたりをつなぐ呪文は J・O・Y


死ぬまでドキドキしたいわ
死ぬまでワクワクしたいわぁ~~♪
  わぁ~あぁぁ♪ わぁ~あぁぁぁ♪(いつもより長かった



「サンキュー!! どうもありがと! 
YUKIでしたっ! バイバイ!!




全てを伝えきったYUKI


キラキラひかる笑顔でそうみんなに告げて  


YUKI LIVE“SOUNDS OF TEN”

本編は幕を閉じた

                              つづく


ようこその御運び、厚く御礼申し上げます
プロフィール  キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン☆

脇下 擦男(ワキノシタ スレオ)

Author:脇下 擦男(ワキノシタ スレオ)
年齢:39歳
性別:男
血液型:A型
身長:169cm
体重:61Kg
尊敬するランナー:マスターアミノ
所属チーム:美酒ラン倶楽部
 

みなさーーーーん、お元気ですかァ!?
5本指靴下履いてますか? 
ザバス・プロテイン飲んでますか?
娘に執拗に「ピアノの練習した?」ばっかり言って、
「もぉ、お父さん、死んで!」とか
言い返されてませんか???そして・・
笑顔は輝いてますか~!!
♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o
(o≧▽≦)o キャハハ☆♪

現在,
「YUKI」「Superfly」「永作博美」
「マラソン&トレイルラン」  
「NIKE」「ONE PIECE」 「SONY」  
にすごく人生を
充実させてもらってまーーーーっす♪ 
皆さんも 是非!!乗っかっちゃってくださ~い!!

【自己ベスト】
100m   13秒42 
1000m 2分59秒12
5000m 19分32秒(キロ3分54秒)
<12年茨木・安威川(非公認)>

10000m 40分29秒(キロ4分2秒)
<13年宝塚ハーフマラソン(非公認)>

ハーフ 1時間26分51秒(キロ4分7秒) 
<14年高槻シティハーフマラソン>

フル 3時間19分40秒(キロ4分43秒)
<12年11/23 福知山マラソン>

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。