ピチっと美酒RUNスタイルでゆく!変態マラソン日記

家族を愛し、YUKIを崇拝し、走る事の素晴らしさを知った 男の生き様です

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
04


YUKI tour“MEGAPHONIC”2011              in神戸・ワールド記念ホール

『ぼかーねー最近 三ノ宮でスポーツ用品店探し求め2時間彷徨ったのに関わらず、ナイキマークの品
一品たりとも目にすることなく・・・肩を落としたままポートライナーに乗車したんすよー』




たっだいま帰りましたぁ----  いやいや・・・・ほんっっっっっっっっとに・・・・・





生きててよかったぁぁぁぁぁぁ (*´Д`*)

そう、それは「極寒の地で、あったか~~いココア飲んで つい出てしまう言葉」の如く(笑)



という訳で 前回の大阪城ホールレポに引き続き

111202_160015.jpg

神戸・ワールド記念ホール YUKIライブ(2DAYS)

報告させて頂きます

ビックリするほど長いから読むの頑張ってー!真の変態さん目差して~~♪






『生涯YUKI宣言』を声高々に掲げる私、ワキノシタスレオ♪ 

数ヶ月前から職場に「ライブがあるのでお昼で帰ります。」と真顔で申告していた経緯もあり・・・

2日間ともかなり余裕を持って現地入り出来てました。  初日は右も左もわからない三ノ宮で
人生において最も無駄な時間を過ごしてしまった教訓をいかし、 2日目は車で現地入り。  
会場真横の駐車場に拠点を置き、持参したトレーニングウェアに着替え、17:30分の開場時間まで1時間30分ほど
ジョギング してました(笑)  

なんかすご--く贅沢な時間過ごした気がして、とっても気持ちヨカッタです♪( *´艸`)クスッ♪


そしていざ会場入り。






初日はなんと奇跡のアリーナ7列目しかも、ドキドキワクワクの1人参戦!(●´艸`)フ゛ハッ


入場待ちで並んでる時、「恥ずかしいかなぁ~・・・周りカップルだったら嫌だなぁ~・・・」
とか思ってたんですが・・・いざアリーナに立ってみると・・・ 


キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン☆



そりゃそうだ。 思い出してみれば・・・それまでにコンサートというものに5回ほど行ってはいたのだが、
アリーナで体験するのは初めて。  しかもそれが『YUKI』ってんだからぁぁぁぁ...  

見事に言葉を失った




そして自分の席確認なんぞは後回し・・・・・。  数十分後にYUKIが登場するであろうセンターステージ、
正面の大型LED、演奏者の楽器、 アリーナど真ん中にある機材などなど・・・・・
まるで自分が総監督になったかの様な気持ちでチェックしてました(●´3`)~♪ 

そしてYUKIが気持ちよく歌えることをチェックし終え、ご満悦の中 探し当てたマイシートw

すげぇぜおい。あまりの近さにドン引きだ

ご先祖様・・・本当にありがとう

そして何より驚いたのは アリーナの女性率の高さ。
ライブ中、終始 メリット・ビダルサスーン・ラックススーパーリッチ・パンテーン・ピュアナチュラル・ツバキの香りに
包まれてました  まさに究極のアロマテラピーではないでしょうか?(´∀`*)ポッ


しかし、これは一般に「YUKIちゃんのファンは女の子が多いからねぇ」とかでは片付けてはならない異様さ
明らかにそこには意図的なものを感じさせられる。 ぜっっっっったいワザと振り分けてるぜこれ(笑) 
来年は一度FC脱会し、再び嫁の名前で入会し直そうとか真剣考えてる智将ワキノシタでした(爆)


そんな中、幸運にも1人ぽつんと7列の端っこにボクの席がっ!!ヽ(*´∀`)ノ
「ぃぃいやったァー!誰にも迷惑かけずにおもいっっきり踊れるー!(*゚∀゚)=3」嬉しすぎで心の中で叫びましたw




そして、様々なシャンプーの香り漂う桃源郷の中w・・・

o0239032011649757551.jpg

白目むいて悦に浸っていた18時49分 
ついにtour“MEGAPHONIC”が始まった


演出、セトリは大阪レポで記した通り


1.JOY
2.勇敢なヴァニラアイスクリーム (アルバム megaphonic)
3.ビスケット
4.キスをしようよ
5.Wild Ladies (アルバム megaphonic)
6.ひみつ (アルバム megaphonic) 
7.2人のストーリー (アルバム megaphonic)
8.笑いとばせ (アルバム megaphonic)
9.ハローグッバイ
10.Hello! (アルバム megaphonic)
11.ワンダーライン
12.クライマークライマー(アルバム megaphonic)
13.ランデヴー
14.揺れるスカート(アルバム megaphonic)
15.マイプライベートアイダホ (アルバム megaphonic)
16.ティンカーベル
17.WAGON
18.鳴いてる怪獣 (アルバム megaphonic)
19.相思相愛 (アルバム megaphonic)

アンコール
20.Dearママ
21.集まろう for tomorrow (アルバム megaphonic)





神戸で3回目、4回目の同ツアーにもかかわらず・・・・
相変わらずYUKIが登場するまでのスクリーン映像に鳥肌全開何度見ても本当にかっこいい  

YUKI LIVE “5-star”では メルヘン映像パワーでYUKI登場までにゾクゾクさせられたなぁ
5.jpg

YUKI concert tour 2010“うれしくって抱きあうよ”では 影絵の映像とYUKIの融合
ureda.jpg





そして今回のMEGAPHONICは

白く長いレースのスカート姿のYUKIが力強く地面を踏みつけながら踊っている姿を斜め下から見るような映像や 
megaphonic_17.jpg

花火の爆音の中優雅に踊ってるYUKIなど・・・音と映像の絶妙のバランスでゾクゾクさせられる



そしてついにセンターステージにYUKI登場
YU.jpg(写真はLIVE “5-star”)


にゃぁぁぁぁぁあああああYUKIぃぃぃいいいい

今回は 初アリーナ前列からの視点と言う事で♪
今までとはまったく逆のコンサート風景が楽しめた
以前のスタンド視点はYUKIが真っ暗闇の中にうっすら見える程度だったのが、

今回は背後から見れるというわけで・・・背中がライトではっきりと照らし出されて見えるじゃないっすかぁぁぁ
で、その先のホールの一面にお客さんを丸ごと飲み込んだYUKIの影絵が
まるで巨神兵YUKI 迫力すげぇ


そして、待ちに待った瞬間がっ
942e77ef-87d7-4385-b8a7-fd0fe39eb038_n.jpg

世界中をひとっとび ジャジャンッ(ギター効果音)・・・
君は誰にも似ていない ジャジャンッ(ギター効果音)・・
大きくみせなくてもいいんだ、ありのままでいいさ~
Oh! everyday & everywhere  Hello~~~~


ぶっひーーーーんゆ゛ーぎぃぃーーーー

溜まっていた色んな モヤモヤ が ぶっ飛んでいき・・・・いきなり号泣
そんなモヤモヤの話は後ほどさせていただくとして・・・・


まずは最強ソングJOY  やっぱYUKIの代名詞ともいえる
YUKI20JOY202.gif

アリーナで踊るJYOは別格 真の一体感はやっぱりアリーナじゃないとあじわえない

ぶっちゃげ、コンサート参加において、抽選云々の時代はもう古いと思いませんか!?
「ドンだけYUKIを愛してるか?」の演説60分と
「ドンだけJOYを笑顔で踊れるか?」
の審査を行い評価制度で良席を獲得していく方向に見直していくべきじゃなイカ?。 ・・・そう俺の為に
あぁ・・でも端っこの席ってめっちゃ良い 大阪の3倍は踊れたよ♪


そしてアリーナ7列目参戦において、ずっと掲げていた目標・・・・。YUKIの生汗の確認

5900.jpg
20120204_1073450.jpg
いきなり達成  むっちゃ綺麗
ほぼスッピンでのキラッキラした笑顔で歌うYUKI。 僕はその眩しさにただただ・・・・・・・・
口半開きで双眼鏡を両目にくい込ませる以外には何も出来なかったよ

そしてこの日はスタンドでは注目できなかったYUKIの踊りに注目して行こうと決めており、
指先の動きに至るまでYUKIダンスに酔いしれました

YUKIのダンスっていうか振り付けってのは本当に独特なんですよねぇ。
♪音の海を泳ぐ♪って感じですごく見てて癒されるんです 
そして時にはYUKI自身から音楽が流れ出てきてるようにも感じるほど
もうホント妖精ですね、ありゃこんな女性アーティスト他に居ないでしょ?ホント。
♪ビスケット、♪キスをしようよ で男女問わず7割は両鼻にティッシュ突っ込んでたんじゃないでしょうか?


 
ではでは、ここからは大阪レポと形をかえ、 YUKIMCレポいきまーす
(初日と2日目がごっちゃなのはご愛嬌っ)

おなじみ、♪Wild Ladies 前のMC
「元気なのか?神戸っ子ぉーー!!
Z322009576.jpg

「昨日から光の王国ルミナリエが始まりました。」
「ルミナリエくらい、私もここから希望の光を届けたい!」
あと、「元町じゃなく・・こっちを選んでくれて本当にありがとぉー」ってめっちゃ笑ってたな


そして、♪相思相愛 の前のMC

キラキラテープがみんなに届いたかを確認し・・・・・
3556c72a-617c-49df-becf-16f3f1e0bd07_n.jpg

「キラキラテープ観てくれましたか?
今日は最高の時間を、どうもありがとう。瞬間を食べて、生きていこう。 yuki 2011と書いてます!」
「いつだって、今が最高なんだぜっ!ベイビー
「いつだって、今が最高だ!って・・今の自分が1番好きだって!言いたいんだぜっ!ベイビー

「だからいつだって、自分自身を新しくしていくんだ!OK?」

「そんな想いを込めて、今回いっぱい曲を持ってきたんだけど・・次は最後の曲。
いろんな事が今年あって、色んな思いになったんだけど・・・結局いつも変わらない・・いつも自分が友達や家族に
言ってるような言葉が詩になっていって・・・結局昔から変わらない歌詞になりました。
・・・でも最終的には自分自身にいつも言ってるような気がする・・・。」

「昔から日本人の言霊はすごい強いから・・・・・こう・・・・そうね、悪い言葉を言ってゆくと
ドンドンそこにはまってくんだよね・・だからアタシは愛のある・・・愛のある言葉をたくさん使って歌っていこうと
思っています!!  それが今のYUKIです!どうぞヨロシクおねがいします!!!

「人は誰かに必要とされて強くなる。必要とされてない人間は居ないんだなって最近やっとわかった!
もっともっと若い頃は、必要とされたい!必要とされたい!そればっかりで・・
なんか人に愛を求めてばっかりだった・・
でも違うんだね、・・・なんか解ってきたんだ・・・。  
与えてゆくことなんだよね、分かち合うことなんだよね。そうすると余っていくんだよね・・・
そうしてその人達がまた返していく、愛を・・・・」
「それに気づいた!!そして今私はそれを歌でやっていこうと思ってる!!
そんな気持ちを・・そんな気持ちが日本中、世界中に・・・そんな両想いの気持ちがたくさん生まれたらいいな
と思って、この曲を最後に・・・相思相愛


YUKIちゃん、素敵すぎる。・・・てかもう、尊いよ





そして最後、アンコール前の柔らかMC
あまりの衣装の可愛さに悶え叫ぶゆきんこ達に・・

「えっ?YUKIカワイイ?・・・
可愛くってすいませーーーーーん

・・あ。ここ笑うところね! じゃなきゃ、YUKI頭おかしぃんじゃないの?ってなるからっ(笑)」


1195.jpg
「え~~・・最近観た映画がありまして、『モテキ』っていう映画なんですけど・・・
森山未來さんと麻生久美子さんが出てて、未來さんは神戸の灘区出身ですよねっ?」

「その映画のシーンで、カラオケボックスで麻生久美子さんが、 昔私がやっていたジュディアンドマリー
というバンドのラヴァーソウルという曲を歌ってて!!!」

「私ひとりで変な汗が出てきちゃって!!・・・監督聞いてませんよー!って感じで(笑)」

「その後に、森山くんが「JAM通ってこなかったから・・俺その歌、知らないんだよね~」って言ったら、
麻生さんが、「JAMいいよ!・・・・でも、最近のYUKIは知らない。」って言い出して!!

え~~~っ!!って・・・(頭抱えてうずくまるYUKIちゃん)

また変な汗かいちゃって。監督聞いてませんーーーーー!って(笑)」

「でも、その後に森山くんが麻生さんに、YUKIのCD全部持ってるから貸すよ。
って言って安心したんですけど、その後、2人はぶちゅう~~~~!!ですよ!?」
「ぶちゅう~~~~!ぶちゅう~~~~!!」
と、誰かを抱きしめるようにしてキスシーンを再現していました
「それで、そのぶちゅう~~~~!の後ろで、ラヴァーソウルが流れているわけですよ!!?」
「ねぇ・・・・・・今度観てみてください。」

会場、大爆笑wwwww

そしてここで『ゆきんこあるある』

YUKI本人の口から
「ジュディアンドマリー」という言葉を聴くと何故か幸せな気持ちになる






そして そして・・・・

もっとも心に響いたYUKIの言葉。

「・・・ホントねぇ・・・年と共にね、声とかも変わっていくんですけど・・。
あたしはね 10年前、20年前の自分も好きなんだけど、 
今のアタシが いっちばん好きなの--(笑)!!」


僕はファンになって、YUKI自らが「声」について語ったのを聞いたのは初めてだった。
ライブ開始直後にモヤモヤが吹き飛んで・・・そしてこの時が「もう、心配いらないんだ」
と心から安心した瞬間だった。
そしてここで・・・・・また号泣


 
以前から、ミクシィでYUKIツアーコミュを閲覧してた時、このツアーに参加しての感想に「YUKIの声がやばい」
「全然声がでてない」「声が気になってコンサートに集中出来ない」などの書き込みを多く目にしていた。
僕は大阪公演も参加してたのでみんなが言うところの事はなんとなくニュアンスとして伝わっていた。

事実、YUKIはもうJAMの頃の歌唱力は失ってしまっている。出産、加齢によるものが最大の原因であるのだが、
つい数年前の「うれしくって抱きあうよ」のツアー時と比べても、声が細くなってく速度が速く感じる。

CDのレコーディングならばなんとでも調整でき、ピークで歌えて 不安要素など微塵もないのだが、
二十数曲、しかも、あれほど動き回って歌い続けるってもんだから そりゃ、きついと思う 


ただでさえメディアの露出が少ない彼女。
その不変の存在感に にわかファン、またJAM時代からの熱狂的な信者には今のYUKIに対してその
「当たり前に訪れる人間の変化」を受け入れることが出来ないのは仕方が無い事だとは思う。

そりゃそうだ・・・。あれだけのハイトーンボイスで数々の伝説を残したJAMのボーカルYUKI。
おまけに容姿に関しては年を重ねるごとに素敵に、可愛くなっているというまさに『生ける伝説』

そしてソロになっても、人気面でも圧倒的な存在感で先細りしなかった彼女。
ステージ上で一人、思い通り描けていたエネルギッシュなライブ。そしてパフォーマンス。  
そしてそれを可能にしていたのが彼女のもつ 『圧倒的な歌唱力』
があってこそなせるワザだったと思う。

そして僕はファン達の書き込みを見た時からずっと考えてた。

それが「出来なくなってる」とYUKI自身が感じたその瞬間、
どんな気持ちになったんだろう? 
むちゃくちゃ落ちこんだんじゃないだろうか?
と。。。


YUKIにしてみれば「お節介な事この上ない」かも知れないでしょうが、
彼女の気持ちを考えると、本当に眠れない日があるほどに心配になった日もあった




でもYUKIちゃん、あんな素敵な笑顔でそうやって言ってくれたのだから・・・・・

泣いて当然でしょ? ゚.+(〃ノωノ)゚.+°


それにもう、言ってたんですよね
「大きくみせなくてもいいんだ、ありのままでいいさ」 って。


そうだよね。 何かを失った時って、同時にすごく大切なものが見えたりすることって本当にある。 
ピンチをチャンスに変える--そう究極の 『前向きスタンス』(人´∀`).☆.。.:*・°

僕が感じるに、YUKIにとっては、家族だったり、ツアーメンバーだったり・・・
そして最終的にはファンに対しての感謝の思いだったり。

だからライブ中何回も何回も「本当に来てくれてありがとう!」っていってたもんね  
そしてカーテンコールで マイク無しで喉が裂けるような声で挨拶しあと
両手で顔覆って泣いてたもんねYUKI。

素晴らしすぎるよ、YUKIちゃん。  今こうして書いてても涙でてきたよ。


ここで、改めて 生涯YUKI宣言 ずっと応援し続けるぞっ!!

そうそう!! ライブ最終らへんで、すっごいみんな感動して泣きそうな感じの中

60.jpg

「本当にありがとう!!神戸~~  最高っ!!最高~、こうべっ!!
オシャレな町、こうべ!! オシャレこうべ!
 略して、しゃれこうべぇぇぇーーー!!  しゃれこうべぇぇぇー!!」

しゃれこうべ 連発wwwwwww

まさかの 「言いたかったダケ」(笑) そんなYUKIちゃんが 大好きダッ




まぁね。でも・・・どんな意見があったっていいじゃない。 ・・・ファンだもの。

しかし・・・・僕は声高々にみんなに言いたい



今後、俺の前でYUKIの悪口言うんじゃぁねぇ って!!



ふぅ~~~~スッキリしたぁ。

皆様。ツアーレポとか言いながら・・・・後半ほぼYUKIラブレター
楽しんでいただけましたか
僕の事「とんだ変態だ」と思われたなら・・・・・・・本望

だって・・・・思いは伝わるんですもん。 ヽ(*´∀`)ノ ほらっ♪
111201_230437.jpg

YUKIちゃん。素敵なライブを・・・
素晴らしい瞬間を 本当に、本当に ありがとう



@YUKI tour ” MEGAPHONIC” 2011







YUKI tour“MEGAPHONIC”2011【神戸・ワールド記念ホール】

本日走行距離5km 20分50秒(キロ4:10) 
+流しジョグ2km(キロ5:30)

『ぼかーねー最近 人生の「運」使い果たしてしまったんで・・・12/3に死んでしまうかも・・
と真剣びびってるんすよー』


だってね、だってね!!・・・・・・・
















ほら
koube.jpg




いやいや・・・・・










ほらぁぁぁぁぁぁああああああ
kakudai.jpg





あぁ・・・  め・・・ 眩暈がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああ ゚.+(〃ノωノ)゚.+°






マジですか? 





信じていいんですか!?(;´艸`)ぁぁぁ



まさか、数ヶ月単位で仕組まれて・・



今まさに佳境を迎えてる
















「素人参加型ドッキリ番組」 じゃないですよね
rL9Df.jpg








・・・・・ε-(;-ω-`A) フゥ…






まぁ翌日、2日のスタンド席はお約束だとしても なにはともあれ・・・・










神戸初日、まさかの アリーナ7列

YUKIまでの距離、推定20m弱




・・・・・・・とりあえず






これと
aed_carringbag.jpg

これ
sutore.png 購入しときます(笑)



当日、神戸・ワールド記念ホール アリーナ7列目付近のゆきんこ様達におかれましては

大変ご迷惑おかけしますが・・・・・






緊急搬送ご容赦ねがいますwwwww












Please wait a minute
YUKIィィィィイイイbezi_20130620183805.jpg












YUKI tour“MEGAPHONIC”2011in大阪城ホール

『ぼかーねー最近 「人間はライブで思い切り満たされると数日は空腹感に襲われる事がない。」という
人間心理生態学の新たな1ページを飾る体験をしてるんすよー』




ただいま帰りましたぁ

いやいや・・・・ほんっっっっっっっっとに・・・・・






生きててヨカッタ
    心の底から搾り出してそう言いたいっ!

にしても、あの空間はいったい何? どこ? 会場の人々は誰? 

その中心はなんであんなに輝く?・・・











オーケー、オーケー

二日間に渡り、一秒単位でYUKIの輝きを見届けたこの僕が!! 

その奇跡、しっかりと記すから聞いてくれ・・
















いや!!聞いてくださいィィィィィ 


なっがいぞwww~~~~


















ッハイと言うわけでね!! 初日は「グッズいっぱい買うぞ」と気合入れ・・・・・・・




17:30開場お構いなし!!やってきました!13:00大阪城ホーーールッ
PB080212.jpg

そして早速ぬふふふふふ・・・グッズ売り場へ突入!!
PB080210.jpg
側でYUKIの歌がスピーカーから流れ テンションあがる~~


ついつい・・・・めっちゃ買っちゃった  とりあえず嫁には金額内緒で
PB090215.jpg
グッズテーマはサファリパークか? なんせシマウマならぬシマゾウがすっげぇクール
センスあるわ~~ あとツアーパンフレットが最高ほぼ写真集ですから  そして中には、
撮影で訪れたベルギーで書いたとおもわれるYUKIの詩がありました。内容はあとで触れることになります。

ライブ中にYUKIが会場のみんなに語りかける言葉が、その意味を教えてくれることになるんです。


さてさて・・・・前置きが長くなりましたが!!











肝心のライブレポート開始


僕の座席はF-4列。 座ってみて驚きました
「おいおいおい!これケッコー近いんじゃぁねーのぉ
そうなんです!肉眼でもはっきりYUKIちゃんロックオン可能位置うおおおーーーー!!FC万歳
これでこれ使ったらもしかして・・・・・
PB100223.jpg

YUKIの生汗見れたりしてぇぇぇぇぇぇ



そんな妄想で気を失いかけた18:36分


o0640047811602929594.jpg

ズンズンズンズン♪のリズムと共に会場の明かりが落ち・・・

会場全体が一気に静まり・・・

今回のツアーの目玉、超巨大LEDスクリーン3面に
アルバム“megaphonic”のジャケットの世界のYUKIが、今まで静止画しか知らなかったYUKIが
効果音・花火の爆音の中、軽やかに飛び回っている
51AMeTGCrdL__SS500_.jpg

hana.jpg

息をするのも忘れるくらい・・・・西川きよしも驚くほどに 目ぇひん剥いて見ていたら!



ジジジジジ・・・



YUKIがマッチで点火した導火線のがある文字を描いてゆく・・・・


え?・・・え?、マジで・・・ 




きちゃうん??ついにぃここでぇ!!

2066310_1383932898_211large.jpg

ッドーーーーーーーーーーーン
メガフォニック!


ぎゃっって興奮で鳥肌全開なった瞬間

てっきり奥スクリーン下に登場とおもわれたYUKIちゃんなんともぉ、
花道先のセンターステージに居たァァァァアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まじっすかいつのまにぃ
(この瞬間、両手踏ん張っちゃったから拍子で首からかけてた双眼鏡のベルトブッチーン
ヒエー首、痛てぇ どんだけ驚かすんだーーー!?ってね

この瞬間、会場のボルテージ最高潮
YUKI・YUKIちゃん・YUKI・YUKIちゃん・YUKI・YUKIちゃんと怒号が飛びかう
しかし、姿を現したYUKIは背後からの照明だけの為、その表情は伺えず!!

すると!!

942e77ef-87d7-4385-b8a7-fd0fe39eb038_n.jpg

世界中をひとっとび! ダンッ・・・・
(会場)ギャーギャーギャーギャー
君は誰にも似ていない! ダンッ・・・・
(会場)ギャーギャーギャーギャー
大きくみせなくてもいいんだ
ありのままでいいさ~・・・

Oh everyday & everywhere・・・  Hello~~~~♪ 
(会場)ハッロオォォォォォォオオオオオオオ

はい。ここで早くも涙腺崩壊。涙でYUKIが見えません

このアカペラ後、オープニング曲・・・・

なんとまさかのJOYキターーーーーー!!
120305_130713.jpg
P3050473.jpg
「みんな一緒に踊ってねっ♪」とYUKI。

言われるまでも無い。なんの為の準備期間だったか♪  僕のダンスシンクロ率はハンパないw

そりゃ、36の男が半ベソかきながらJOYダンス踊ってりゃ
同行した親戚(以前ジュディマリの会員番号二桁、ライブ最前列でみた伝説の男)もドン引きだ

・・・・しかし、そっから僕・・・・・ はっきりした記憶ありませんwwww

ふと我に返ったとき・・・・







必死にセットリストメモった紙がぐしゃぐしゃのまましっかりと握られてました。
それを元に散り散りになった記憶を組合すと・・

1.JOY
2.勇敢なヴァニラアイスクリーム (アルバム megaphonic)
3.ビスケット
4.キスをしようよ
5.Wild Ladies (アルバム megaphonic)
6.ひみつ (アルバム megaphonic) 
7.2人のストーリー (アルバム megaphonic)
8.笑いとばせ (アルバム megaphonic)
9.ハローグッバイ
10.Hello! (アルバム megaphonic)
11.ワンダーライン
12.クライマークライマー(アルバム megaphonic)
13.ランデヴー
14.揺れるスカート(アルバム megaphonic)
15.マイプライベートアイダホ (アルバム megaphonic)
16.ティンカーベル
17.WAGON
18.鳴いてる怪獣 (アルバム megaphonic)
19.相思相愛 (アルバム megaphonic)

アンコール
20.Dearママ
21.集まろう for tomorrow (アルバム megaphonic)



どうですか?

YUKIのマネージャー、まゆ蔵いわく

YUKI至上最強セットリスト 






これは本当にそう思います。 



わかる人だけがわかる、 極上の内容 だと確信できます

まぁ、YUKIに至っては
「最新のYUKIが最高のYUKI」
なんですけどね

彼女は「歌手」ではなく「アーティスト」。そして「スーパーエンターテイナー」。
次の瞬間もうそこには居ないんです。ドンだけ前向きなんだ?と飽きれるくらいに進化していく人。
だからといってファンを置き去りにするのじゃなく、引っ張っていってくれるんです。・・・ん~~?
じゃないな・・・。ファンは吸い寄せられて・・・元気に走って追いかけていくんです

おっと・・・レポート逸れちゃいましたね




ではステージ衣装ごとに区切って振り返ってみると・・・
(上は水着の上にレースのスケスケシャツでスカートにはふわっふわの黒のファー )
Z322009576.jpg



1.JOY
2.勇敢なヴァニラアイスクリーム
3.ビスケット
4.キスをしようよ
5.Wild Ladies

3曲目の「ビスケット」は贅沢に感じましたぁ YUKI20biscuit20kasi.gif
「ここでもう?」って感じで・・・
そして、歌後半、YUKIの「♪2人手を繋ぎ~歩いてゆけたらぁ~~~~、ラーイ 」の瞬間・・・ 

会場の野郎共全員

sannji.jpg サンジ化してました(爆)





4曲目の「キスをしようよ」もサプライズだったな~~♪ こういう昔曲チョイスがスパイスになりますよね♪  
そして「Wild Ladies」 念願の生「パオッ」が聞けてテンション超あげぽよ 
20120204_1073450.jpg
しかも「私、自分に限界つくるのやめました」ってYUKIがギター弾きながら歌っちゃうもんだから・・
間違いなく彼女・・・・近々、また作曲活動もするんじゃないすかァ


ここからはこの衣装
2066310_1383940904_229large.jpg
6.ひみつ
7.2人のストーリー
8.笑いとばせ
9.ハローグッバイ
10.Hello!
11.ワンダーライン

ここ、ここぉ
Z322009575.jpg

6.「ひみつ」 → 7.「2人のストーリー 」 めっちゃ泣いた。ここは泣く

会場の全員が手拍子とか無理。ただ見入るのみ・・・

動けなくなったんです。

2人のストーリーが、意識的には「うれしくって抱きあうよ」ツアーのイメージあるもんだから
なんかノスタルジックな雰囲気になるんですよねぇ

8曲目の「笑いとばせ」可愛かったなぁ♪
「♪交差点立ち止り 見上げたなら大阪~♪」って歌ってくれたし~!
あと「♪ニヤリと背を押す!♪」の振り付けキュンキュンくるっ

9.「ハローグッバイ」は娘の好きな思い出の曲
5900.jpg
iphone_20120305002554.jpg

 ついに10曲目「Hello!」 僕がこの日1番泣いた曲。この歌ねぇ・・・・ちょうど2番終わって、
「♪~夢は砂漠のバラ・・♪」へ向けての間奏の入り部分で絶対じ~~んってくるんです。ヤバイ

で・・・・。でですよ??
きました。ユキンコ(YUKIファン総称)たちを繋ぐ一筋の光
11曲目「ワンダーライン 」
これはYUKIの完全予定調和の始まりの合図 会場全員の足並みをそろえるんです!



(上は、黒模様の入った白シャツに黒のエナメルスカートに黒のエナメルスパッツ)
ついに、この日初!ロングのYUKIが登場

iphone_20120305002725.jpg
やっぱYUKIはナチュラルロングに限る

12.クライマークライマー
13.ランデヴー
14.揺れるスカート
15.マイプライベートアイダホ
16.ティンカーベル
17.WAGON
18.鳴いてる怪獣
(MC)
19.相思相愛


iphone_20120305003252.jpg
12曲目「クライマークライマー」からの演出はすっごくカッコいい
大型スクリーンに巨大なミラーボールが映し出され、迫力のスモーク!
その中でのYUKIの巧みなロボットダンス すべてが混ざり合って完全ダンスフロア
1133417232_222.jpg

この時僕、以前YUKIが言ってた事思い出したんです。
「こんな小さい私がステージ上では何倍も大きく、強くなって・・・。私一人だと小さな声なのに、楽器の音とともに
大きな歌にかえて・・。このツアーでは普段のYUKIじゃなくひとつステージを上がった自分を表したい」と。
見事

1133417232_190.jpg

この時、目にしてた彼女・・・紛れもなくハリウッドスタークラス
そしてそして・・・立て続けに13.「ランデヴー」 14.「揺れるスカート」と続くもんだから・・

踊りまくって汗ダクダク


やっぱライブはこうでなくっちゃ
15曲目の「マイプライベートアイダホ」!!化けたねぇ すごく魅力的にアレンジしてた大好きになった。
iphone_20120305003024.jpg




そして迎えた
16.「ティンカーベル」 17.「WAGON」 YUKIライブの代名詞
iphone_20120305002752.jpg

説明は要らないでしょう
ただ、「♪Joy to the world! The Lord is come. Yeah~  repeat sounding joy repeat sounding joy ♪」
の大合唱と ♪君のワゴンで~♪ の時・・・僕はYUKIじゃなく、会場全体を見てました。
3556c72a-617c-49df-becf-16f3f1e0bd07_n.jpg

その一体感の素晴らしさにずっと見とれてました  みんな・・・・
YUKIがすっごく好きなんだなぁって

なんかそれが嬉しくって嬉しくって・・・・号泣

ともあれ、




本日のメインイベント
18曲目「鳴いてる怪獣」
こちらは泣く事なく!!!・・・しっかり鳴きました この日最大のシャウト
そして「♪ウェイヴしてよベイビー4カウント待てないやっ♪」のあとの


ワン・ツー・スリー・フォー!万歳ジャンプ
63センチ、おっさん記録更新ですww


あとYUKIの怪獣ポーズは国宝級ですなぁ





にしても・・・・我らがYUKI 素晴らしい歌作ったねぇ
驚きなのが、この曲が秘めたポテンシャル!
あれだけの一体感を瞬間で作り出せるなんて・・・  脱帽です、ほんと降参


あの時の会場の感覚を例えるなら・・・・
会場ごと巨大エレベーターでぐいーんって上がり続けてる爽快な一体感の中で大合唱してるって感じ 伝わるかなぁ? 
eiwynb.jpg

なんせ飛べるんです

YUKIが言う「考えるな、感じろツアー」を完璧に具現化できる代表曲でしょうね





そして最終曲
「相思相愛」
この前にMCあったんですが(このツアーはMCすくなかったな
1195.jpg
YUKIはみんなに「愛し合ってるかい?」って大きな声で呼びかけてくれました。
そしてこう続きます
「君がいて、あなたがいて、わたしが、僕が・・・私の声が聞こえる?みんなの声が私には聞こえる!
そういう事なんだ!あなたがるから私はいるんだ!人は誰かを必要として、必要とされて、強くなる
それが相思相愛の理想形」

そして歌の一節「相思相愛の理想形は 大地の上 しっかり根を張る 草や木のようだよ 」
僕、完全に打ち抜かれましたなんて当たり前でも普通そんなこと考えもしない!!
大地と草木の相思相愛・・・・・。
YUKIちゃん・・・・あなたって人は・・・・・・。


そしてそして・・・・・・・アンコールも含めほぼ2時間半にも及ぶ公演も終わり・・・・
演奏者とYUKIがカーテンコールを行おうと前に集まるが・・・・

大阪城ホールの拍手、熱気がなかなか冷めやらず・・・・・・
YUKIが一言・・「もう一回、鳴いてみる?」




まっじでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ




会場、うおおおおおおおおおおおおおお



(写真は以前のものですが、きっとこんな笑顔で
9567492_1012290204_200large.jpg

「こんなの初めてだぞっ! お・お・さ・かっ
初日
「もう一回ってなに(笑)?おおさかぁ・・!
大阪だけだぞ、こんにゃろっ
2日目
この瞬間・・・・会場の9割がキュン死寸前のこり1割は萌え死んでました

そしてダブルアンコール鳴いてる怪獣(2日目「WAGON」) で全員ギリギリ黄泉の国からさらにパワーアップして戻れました


すべてを出し切ったYUKIちゃんと僕たち。完全燃焼にしても最後彼女、会場を静めて
マイクなしに大声で挨拶するんですよ!!本当に素敵な人 ますます尊敬します
そんなYUKIちゃん、満面の笑みで投げキッスして手を振ってくれてました


あぁ・・・二日間・・・本当に素敵だったなぁ

改めて思ったのが・・・



コンサートって本当に素敵だ!!って事です

これほど憧れてる人が目の前にいて、その人と一緒に歌えて、一緒に踊れて・・・・・
なにより自分の中の ありとあらゆる想い をたった一言に込めてその相手に放てるんですよ!?
すげぇ・・・・コンサート・・・・すげぇ
ちなみに僕は「ゆーきぃ」と「イェーイ」だけですが


想いは届きましたYUKIからのプレゼント
111109_130805.jpg

幸運にもゲットやった♪やった♪うふふのふ




最後に・・・・YUKIはこのツアーで
「Super elastic(スーパーエラスティック )」
「Super optimistic(スーパーオプティミスティック)」

というキーワードをあげてました。

「不安は不安を呼び 人々の心に勝手に入り込んでくる。そうなら私は 安心を人々の心に入れ込みたい。
やわらかい心と体。あたまももっと。衝撃にも耐えられるこれがあたしの Super elastic(スーパーエラスティック )
いつも新しい心。笑いとばしたい 。今が最高なんだぜ。瞬間を食べていこう。Super optimistic(スーパーオプティミスティック)
伸縮自在と楽観主義」


偉そうかも知れませんが、おもいきり理解できました。

そして改めて思います。

ファンになれて良かったと。ファンであり続けたいと。





そして最後に僕から。

ぶっちゃげこのレポート完成さすのに6時間かかりました
最初からここまでちゃんと読んでくれたアナタ
donn.jpg
相当な変態です。
なにがなんでもお友達になりましょう


はじめまして・・・・脇下擦男改め・・・・














汗だくライブで少し異臭放った男、

PB090218.jpg


脇下蒸男(ワキノシタムレオ)です(爆)


さ~~って♪

次は神戸♪神戸♪
PB080208.jpg







ようこその御運び、厚く御礼申し上げます
プロフィール  キュ━.+゚*(о゚д゚о)*゚+.━ン☆

脇下 擦男(ワキノシタ スレオ)

Author:脇下 擦男(ワキノシタ スレオ)
年齢:39歳
性別:男
血液型:A型
身長:169cm
体重:61Kg
尊敬するランナー:マスターアミノ
所属チーム:美酒ラン倶楽部
 

みなさーーーーん、お元気ですかァ!?
5本指靴下履いてますか? 
ザバス・プロテイン飲んでますか?
娘に執拗に「ピアノの練習した?」ばっかり言って、
「もぉ、お父さん、死んで!」とか
言い返されてませんか???そして・・
笑顔は輝いてますか~!!
♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o
(o≧▽≦)o キャハハ☆♪

現在,
「YUKI」「Superfly」「永作博美」
「マラソン&トレイルラン」  
「NIKE」「ONE PIECE」 「SONY」  
にすごく人生を
充実させてもらってまーーーーっす♪ 
皆さんも 是非!!乗っかっちゃってくださ~い!!

【自己ベスト】
100m   13秒42 
1000m 2分59秒12
5000m 19分32秒(キロ3分54秒)
<12年茨木・安威川(非公認)>

10000m 40分29秒(キロ4分2秒)
<13年宝塚ハーフマラソン(非公認)>

ハーフ 1時間26分51秒(キロ4分7秒) 
<14年高槻シティハーフマラソン>

フル 3時間19分40秒(キロ4分43秒)
<12年11/23 福知山マラソン>

天気予報

-天気予報コム- -FC2-